HOME>アーカイブ>生活が便利になる!福祉車両を導入してみよう

生活が便利になる!福祉車両を導入してみよう

女性

福祉車両の特徴

福祉車両とは身体に障害がある人などを運ぶときに、乗降しやすくするために改造した車両のことです。老人ホームなどの介護事業者が高齢者を運ぶために所有しています。

車いす

福祉車両はどこで購入ができるのか

福祉車両は基本的には全国の自動車販売店で購入可能です。
各自動車販売店では福祉車両に関する相談窓口を設けているので、購入のときは窓口で手続きを行うと良いです。

車いす

福祉車両選びのポイント

基本的に車いすを使って移動するため、車両の幅や面積が車いすよりも大きいかチェックします。また車高も十分であるかも確認しましょう。
もしスロープタイプの車両を選ぶときは、角度が急すぎないようにします。

車に乗る人

購入費用の平均相場

車いすスロープタイプの福祉車両に絞ってみると軽自動車では160〜200万円前後、また1,300ccクラスのコンパクトカーでは250万円前後が相場となっています。

福祉車両と一般車両の違い

減免を受けることができます

福祉車両は一般車両とは異なり、自動車税や自動車取得税の減免を受けることができます。

8ナンバーがつけられることも

福祉車両によっては、特殊用途自動車(8ナンバー)がつけられます。

福祉車両の機能をチェックしよう

福祉車両にはリフトなど色々な機能がついていますが、実際に動かして確認してから購入手続きへとつなげていきます。

購入手続きの流れ

人形

まず車両の機能を決める

まずは希望する車両の機能を決めます。リフトアップ機能やスローブ式車いす移動機能などを検討します。

自動車販売店を決める

購入する自動車販売店を決めます。過去に自動車を購入したディーラーに相談しても良いでしょう。

試乗してみる

自動車販売店によっては、福祉車両を常時展示しているところもあります。試乗してみることで、福祉車両の使い勝手を調べてみます。

実際に購入する

車の機能や試乗してみて問題なければ購入手続きに入ります。一括購入・オートローンなど支払い方法を事前に決めておきます。

助成制度を受ける

福祉車両の購入では様々な助成制度が受けられます。ただし、制度の内容は各自治体により異なるため、担当窓口に問い合わせしてみます。

試乗をしてみることも大事!

自動車販売店では福祉車両の常設展示や巡回展示を行っています。試乗は各販売店への問い合わせが必要です。実際に乗ってみることで機能が分かるので、是非試乗してみましょう。

福祉車両を購入予定の人から寄せられる質問

複数の人

購入に当たりどんなことを注意すれば良いですか?

要介護者が無理なく乗降できる車両を選ぶことが重要です。

現在使っている車を下取りに出すことはできますか?

もちろん下取りは可能です。自動車販売店の相談窓口に確認してみましょう。

今まで加入した自動車保険を継続することはできますか?

基本的に保険の継続は可能ですが、加入している保険会社に確認してみることをおすすめします。

今乗っている車に福祉車両の装備をつけられますか?

自動車販売店によりますが、カスタマイズサービスを受け付けているところもあります。

福祉車両を購入するとどのような優遇が受けられますか

駐車禁止規定の適用除外・有料道路の通行料金割引・自動車用燃料費の助成などが受けられます。各地域の福祉の事務所に確認をしましょう。

広告募集中