>アーカイブ>放課後等デイサービスを使って充実した支援を受けよう!

放課後等デイサービスを使って充実した支援を受けよう!

子供

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスとは、支援を必要とする障がいのある子ども向けのサービスになっており、学童保育のような仕組みになっています。
対象は6歳から18歳までの就学年齢の子どもであり、日常生活の充実のためと自立支援の活動を行います。放課後や夏休みなどの長期休暇に利用することが多いです。
放課後等デイサービスの制度は2012年度からスタートしました。制度開始時は約5万人が利用していましたが、2016年には13万人を超えています。宇都宮市などでは、今後も利用者の数は増えることが予想されます。

利用する際に必要な手続きの流れ

小学生

施設の見学・相談

初めて放課後等デイサービスを利用するときはまず施設の見学を行い、疑問点や不安点について相談してみましょう。

診断書をもらう

放課後等デイサービスを利用するためには受給者証が必要ですが、まずかかりつけ医に診断書を交付してもらいましょう。

受給者証の申請・交付

住んでいる自治体の福祉窓口で受給者証の申請を行い、交付してもらいます。

利用契約を結ぶ

受給者証の交付が完了したら、放課後等デイサービス施設と利用契約を結びます。受給者証があれば費用の9割が宇都宮市などの自治体負担となり、残る1割が自己負担です。

いよいよ利用開始

利用契約を結んだあとは、実際に施設を通うことになります。子どもにとって新しい居場所ができます。

安心して預けることが出来る!

放課後等デイサービスの良いところは、家と学校以外の居場所と友達を作ることができることです。個別療育や集団指導を通じて、宿題をしたりルールを覚えたりなど、様々なことを習得できるので安心して預けられます。

放課後等デイサービスと学童保育の違い

対象が違います

放課後等デイサービスは障害のある子どもの施設であるのに対して、学童保育は健常児を対象とします。

送迎サービスの違い

放課後等デイサービスでは送迎が必須ですが、学童保育では学校内設置のため送迎サービスはありません。

子供と先生との相性も重要!

放課後等デイサービスに通い続ける上で重要となるのが子どもと先生との相性です。すぐに相性の良し悪しを決めることはできませんが、時間をかけて信頼関係を築いていくことが大切です。信頼関係ができれば、放課後等デイサービスは充実したものとなります。

広告募集中