高齢化社会が及ぼす影響とは

高齢化社会が進めば進むほど、介護を必要とする人が増えてきます。
自宅で介護できない場合は、老人ホームや福祉施設で介護を受ける人が増えてくるようになるでしょう。そのため、介護施設についての知識が必要になります。

老人ホームで人気のサービスランキング

室内
no.1

医療機関への送迎サービス

協力医療機関へ通院するときに送迎してくれるサービスはとても好評です。

no.2

リハビリの実施

快適な老後を過ごすためには、機能訓練(リハビリ)は欠かせないサービスです。

no.3

レクレーションサービス

入居者同士のコミュニケーションはとても重要なので、レクレーションサービスの充実が大切です。

no.4

買い物代行サービス

日常生活に必要な品物を要介護者や家族に代わって購入してくれるサービスも好評です。

no.5

掃除や洗濯のサービス

室内や衣類を清潔に保つことは、衛生面において非常に重要なポイントです。そのため、洗濯・掃除サービスも多くの施設で提供しています。

老後を楽しく過ごすことが出来る!

高齢化社会に伴い、老人ホームが果たす役割は大きいです。老人ホームにはいくつか種類がありますが、それぞれ特徴があり個々に合った施設に入ることが大切です。

老人ホームの種類

老人

グループホーム

民間が経営する施設であり、主に認知症を抱えた高齢者がスタッフの援助を受けながら共同生活を送る施設です。

特別養護老人ホーム

公的に運営されている施設で、病気やケガなどで在宅での生活が困難な高齢者が入居する介護施設です。

サービス付き高齢者向け住宅

比較的元気な高齢者を対象としているため介護サービスが提供されないのですが、自由度の高い生活が送れます。

住居型有料老人ホーム

自立した生活が可能な高齢者を対象とした施設です。状態が悪くなって要介護度が上がっても、介護サービスが受けられます。

介護老人保健施設

「老健」と略される施設で、病院と自宅の中間的な役割を果たします。リハビリを通じて、自宅に帰宅することを目的とします。

老人ホームを妥協せずに選ぶならここをチェックしよう!

車いす

老人ホームの入居費用について

老人ホームに入居するにあたり気になるのがその費用かもしれません。老人ホームにはいくつか種類がありますが、特別養護老人ホームの場合、おおよそ1カ月7~15万円です。有料老人ホームでは、平均的な施設で1カ月20~25万円程度、サービス付き高齢者向け住宅では1カ月15~20万円程度といわれています。このように、老人ホームに入居するにはある程度の費用が必要です。

手

老人ホームを利用するメリットとは

老人ホームを利用する最大のメリットは、手厚い介護が受けられることです。これによって家族の負担が軽減できます。
一方、施設に入居する高齢者の立場では、新しい友人ができることが大きなメリットです。近い年代の入居者が多いため、コミュニケーションが取りやすいといわれています。新しい友人が増えて表情が明るくなることもあります。

老人

老人ホーム選びで気をつけたいこと

家族の通いやすさが重要となるため、地域選びはとても重要です。また環境が変わることで本人が戸惑うことがあるので、本人の希望を聞きつつ負担の少ない地域を選ぶと良いです。
更に施設のケア体制もしっかりチェックしましょう。スタッフの数が多いほど、手厚い介護が受けられます。スタッフ1人当たりが受け持つ高齢者の数を調べてみることをおすすめします。

入居する前に見学をすることが大事

このように老人ホームには色々な種類があり、費用も施設ごとによって変わってきます。
地域や介護体制など老人ホームを選ぶポイントはいくつかありますが、大切なのは入居前に施設の様子を見学することです。そこで疑問に感じる点を質問して解決しましょう。

[PR]
宇都宮で放課後等デイサービスを利用しよう
こどもの発育を徹底支援☆

[PR]
大阪で人気な有料老人ホーム!
質の高いサービスを提供してくれる!

広告募集中